投資を始めるなら「テクニカル分析」を知りましょう

FXや株式投資など、資産運用として投資を始める人は増えてきています。
以前、夕方のニュース番組の特集で、主婦が株式投資で大儲け!FXで不労所得を得て生活に潤いを!と言ったようなものも見たことがあります。
このようなテレビを見ると、自分にもできるのではないか?
そう思って始めようとする人もいるでしょう。

FXにしろ株式投資にしろ。
まずはまとまった資産が必要とか、証券会社はどこにするとか、何を取引するか?
株ならどこの固有株をいくら買うか?それとも株価指数での取引するか?
FXならば、どこの国の通貨にするか?
取引方法はCFDなら少額で始めやすいかも…
様々な問題が次々と出てきます。

これらの問題をクリアして、いざ投資開始!となっても注意が必要です。
それぞれ投資対象のもののチャートをしっかりと分析し、それにあった戦略を立てずには利益を得ることはできないでしょう。

例えばFX。
外国為替の売買取引ですが、日々相場は変動しています。
これから相場が上がるのか?下がるのか?
チャートを見て自分で分析する必要があります。

分析方法にも「ファンダメンタルズ分析」や「アノマリー」などもよく聞く用語ですが…
まずは「テクニカル分析」について知るところから始めてみるといいでしょう。

テクニカル分析とは、過去のチャートを見てそれを基にして未来のチャートの値動きを予想する分析方法です。
「相場分析法」とも言いますが、特徴としてはその国の経済状態や政策金利。株ならば企業業績やなどを考慮しないことでしょう。
要するに他の情報にとらわれずにチャートのみを参考にして分析する方法です。

テクニカル分析では、今の相場がどのような状態なのか?
上昇中なのか?下降中なのか?
現在の状態がわかれば、強さはどの程度なのか?
トレンドが強いほど、反転しにくくなりますので、未来のチャート予想がしやすくなりますよね。
このように、テクニカル分析をしっかりと行うことで、今後の売買ポジションの取り方の戦略を立てやすくなります。

ちなみにテクニカル分析は、自分でチャートを見て判断する方法だけでなく、コンピュータで自動的に判断する方法もあります。
どちらもメリット・デメリットがありますので、自分の現在の分析力やニーズに合わせて選ぶといいでしょう。

Leave a Reply

Bookmarks