Archive for 7月, 2016

投資を始めるなら「テクニカル分析」を知りましょう

日曜日, 7月 31st, 2016

FXや株式投資など、資産運用として投資を始める人は増えてきています。
以前、夕方のニュース番組の特集で、主婦が株式投資で大儲け!FXで不労所得を得て生活に潤いを!と言ったようなものも見たことがあります。
このようなテレビを見ると、自分にもできるのではないか?
そう思って始めようとする人もいるでしょう。

FXにしろ株式投資にしろ。
まずはまとまった資産が必要とか、証券会社はどこにするとか、何を取引するか?
株ならどこの固有株をいくら買うか?それとも株価指数での取引するか?
FXならば、どこの国の通貨にするか?
取引方法はCFDなら少額で始めやすいかも…
様々な問題が次々と出てきます。

これらの問題をクリアして、いざ投資開始!となっても注意が必要です。
それぞれ投資対象のもののチャートをしっかりと分析し、それにあった戦略を立てずには利益を得ることはできないでしょう。

例えばFX。
外国為替の売買取引ですが、日々相場は変動しています。
これから相場が上がるのか?下がるのか?
チャートを見て自分で分析する必要があります。

分析方法にも「ファンダメンタルズ分析」や「アノマリー」などもよく聞く用語ですが…
まずは「テクニカル分析」について知るところから始めてみるといいでしょう。

テクニカル分析とは、過去のチャートを見てそれを基にして未来のチャートの値動きを予想する分析方法です。
「相場分析法」とも言いますが、特徴としてはその国の経済状態や政策金利。株ならば企業業績やなどを考慮しないことでしょう。
要するに他の情報にとらわれずにチャートのみを参考にして分析する方法です。

テクニカル分析では、今の相場がどのような状態なのか?
上昇中なのか?下降中なのか?
現在の状態がわかれば、強さはどの程度なのか?
トレンドが強いほど、反転しにくくなりますので、未来のチャート予想がしやすくなりますよね。
このように、テクニカル分析をしっかりと行うことで、今後の売買ポジションの取り方の戦略を立てやすくなります。

ちなみにテクニカル分析は、自分でチャートを見て判断する方法だけでなく、コンピュータで自動的に判断する方法もあります。
どちらもメリット・デメリットがありますので、自分の現在の分析力やニーズに合わせて選ぶといいでしょう。

FXではレンジ相場とそれを分析する力が重要となります

金曜日, 7月 1st, 2016

日本国内で使える通貨は日本円です。
当たり前のこと…と思うかもしれませんが、海外ではどうでしょうか?
アメリカではアメリカドルしか使えませんし、中国ならば元。
それぞれの国で決められた通貨しか使うことはできません。

では、海外に行ったときにはどうするのか?
その日の相場に合わせて、日本円でその国の通貨を両替えして使うのです。
そうです。海外の通貨は毎日相場が変わっています。
数年前は円高の時代で、アメリカドルが1ドル80円前後だったときもあります。
しかし、円高が終わると1ドル120円前後の時代もあります。
このように、相場が変わることを利用して利益を得るのが「FX」です。

安いときに買って高いときに売れば、それだけで利益が出るのがFX。
手数料などがかかりますが、上手に取引すれば数十万・数百万円の利益を得ることも夢ではありません。

では、FXを始めるにはどうすればいいのでしょうか?
まずは相場チャートをしっかりと見て分析すること。そこから始めるといいでしょう。

どのような通貨もチャートを見れば、今後の相場をある程度予想することができます。
チャートを見てもわからない方は、まずレンジ相場を知るところから始めるといいでしょう。

レンジ相場とは、ある一定の幅の値動きを繰り返している相場のことです。
このレンジ相場は、FXではとても重要なものです。

相場を見て、長い間レンジ相場が続いているときには、これから相場をはみ出す可能性が高くなります。
レンジ幅よりも上にいくか?下にいくか?
ある程度レンジ幅を決めて自分でラインをしっかりと取れば、予想はしやすくなるでしょう。
このレンジ幅を大きく上回ったときは売りのチャンスですし、下回ったときは買いのチャンスとなります。
このように、レンジ相場を見て分析すること。そして戦略を立てる。
これがFXでは重要となります。

ただし、レンジ幅を一瞬上回ったときでも、すぐに下回ることもあります。
あくまで「今後の相場予想がしやすい」だけであり、必ずその通りにいくわけではありません。
形にはまらないというのは、FXでも株でも同じこと。
それだけは覚えておきましょう。

Bookmarks
Archive

You are currently browsing the これが21世紀型FX blog archives for 7月, 2016.